おくりびと®(認定納棺師)と共に創るこだわりの葬儀・お葬式は『おくりびと®のお葬式』にお任せください

相模原市での家族葬 費用の相場や流れについてご紹介します

2022.09.30

近年、「家族葬」の文字をよく見かけるようになった気がしませんか。
お葬式なのに、なぜか寂しいイメージは不思議とありませんよね。

今回はこの「家族葬」についてご紹介していきたいと思います。

お急ぎの方

24時間365日 いつでもお電話ください

私たち葬祭スタッフが承ります

  • 葬祭スタッフ上月

    上月

  • 葬祭スタッフ菊地

    菊地

  • 葬祭スタッフ加藤

    加藤

じっくりご検討の方

資料請求・お見積
  • 追加費用がよくわからない
  • 葬祭費の支給の手続きがわからない
  • 想定以上に参列者が増えたらどうするの?
  • などの疑問をすぐに解決します。

家族葬ってどんな葬儀?

家族葬とは、親しい方を中心に、お呼びする方々を限定し、故人様をお見送りする葬儀です。

家族でこじんまりとしたのお葬式をイメージする方が多いかと思います。
その他にもメリットはございます。
*形に捉われない葬儀ができる
*ゆっくりと最後の時間が過ごせる
*事前準備や対応などの負担が軽減される

一般葬との違いは?

基本的な流れは、一般葬と違いはありません。

お迎え▷ご安置▷お通夜▷葬儀・告別式▷出棺火葬

唯一の違いは、参列者の範囲を限定するということです。
実は、家族葬の定義というものはなく、近年の社会事情や生活形態などから生まれた葬儀スタイルとなります。
♢近所付き合いが希薄化してきている
♢故人様が高齢であり、世間との付き合いが減っている
♢高齢化社会において、喪主となる方も高齢化している

家族葬のうまれた背景にはこの様な理由も含まれています。

相模原市で行う家族葬の流れ

では、おくりびとのお葬式で家族葬を行うとどの様な流れになるのでしょうか、ご紹介していきます。

1.お迎え▷2.ご安置・初期処置▷3.お打ち合わせ▷4.納棺▷5.お通夜▷6.お化粧直し▷7.葬儀・告別式▷8.出棺火葬

招かれることはあっても執り行う側の経験はそんなに多くないことです。事前に流れを知っておくことで不安を取り除くことができるかと思いますので、一つひとつご説明していきましょう。

1.お迎え

故人様のもとへスタッフがお迎えにあがります。1時間〜1時間半程度で向かいますので安心してお待ちください。
♦︎道路状況により前後することがございます。

病院では「死亡診断書」が発行されます。この時、死亡診断書とともに「死亡届」を作成する必要があります。
♦︎おくりびとのお葬式では「死亡届」の作成と提出の代行も行っております。

2.ご安置・初期処置

故人様をご希望のお帰り先までご搬送いたし、故人様の状態を安定的に保つために初期処置を行います。

ご安置について
ご自宅での安置、葬儀場や安置施設などがあります。
*自宅の場合、エレベーターの有無や近隣住人への配慮が必要となります。
*施設によっては深夜の受け入れができないこともあります。
いずれにせよ、事前の確認が必要となります。

♦︎お亡くなり後、最も重要な初期段階で納棺士がご遺体を適切にケアいたします。これにより、いつまでも故人様に触れることができ、ご生前の様なお姿でお会いすることができるのです。

3.お打ち合わせ

ご遺体安置後、ご葬儀についてお打ち合わせを行います。
皆様にご満足いただける様ご提案いたします。
主に
①葬儀会場
②日程
③予算
④葬儀形式(家族葬として、どの様な形で行うか)
などを打ち合わせの中で決めていきます。

*家族葬では会葬者の人数を限定し葬儀を行うことが一般葬との違いとなります。
 お呼びする方を限定することが最も難しいと言えるでしょう。

※ご家族様以外の故人様と親交の深かった方々など、生前の故人様を思いながら、どの様な式にしたいのかを考え決めていくと良いでしょう。(迷う様な場合はお招きしましょう)

♦︎お打ち合わせは状況により2〜3回行う場合がございます。
♦︎深夜の場合は、翌日に行うことも可能でございます。

4.納棺

お見送りをするにあたり、故人様の身なりを整えてお棺に納めることを納棺といいます。

おくりびとのお葬式では、「納棺の儀」がございます。
「納棺の儀」では、納棺士が故人様とご遺族様と同じ空間の中で、湯灌・死化粧・死装束への着せ替えを施し、棺へと納めます。

♦︎納棺の儀の時間は形式張ったものではございませんので、普段お召しになられている服装のままお立ち合いいただけます。

*「納棺の儀」はオプションとなります。

5.お通夜

夕刻より通夜式を行い、翌日の葬儀・告別式まで故人様とお過ごしいただけます。
寺院による読経をしていただいた後、焼香を行います。

通常ですと通夜振る舞いとなりますが、家族葬の場合お呼びする方が限られているため、会食など改まった形式の場を設けないことが多くあります。

※通夜振る舞いが必要ないこともある。

6.お化粧直し

最後のお別れの瞬間まで綺麗なお姿を保っていただくために、葬儀・告別式の前にお化粧直しを行います。

♦︎葬儀・告別式の前以外にも、1度のご葬儀で平均4〜6回ほどのお化粧直しをしております。

7.葬儀・告別式

会葬者を迎えて故人様を送る儀式となります。お花をお手向けいただき、故人様と最期のお別れをいたします。
寺院による読経をしていただき、焼香を行い告別式にて、弔電や弔辞を奉読します。

※参列者が少数となることがあるため、所要時間が短くなることも。招かれた方は、遅れない様注意が必要です。
家族葬は形式に捉われない式、故人様の好きだった音楽を流すなど、家族葬ならではの式が行えます。

8.出棺・火葬

お別れの儀式が終わり、出棺いたします。
火葬後はお骨を骨壺に納めます。

*葬儀会場と火葬場が離れている場合は移動手段などの手配が必要となります。
*火葬から納骨までの時間は1〜2時間ほどかかることがが多い様です。

収骨後は、四十九日法要まで誤ご自宅にご安置となります。

おくりびとのお葬式の特徴

◆担当スタッフ全員が納棺士

おくりびとのお葬式では、担当スタッフ全員が納棺士です。
お見積もりから火葬まで担当しているため、最後まで生前と変わらぬお姿で故人様とお会いすることができます。

◆みんなが「おくりびと」になる

我々は、お別れの形は自由であるべきだと考えます。
「みんながおくりびとになる」を合言葉に、従来の形式に捉われないお別れの場を故人様、ご遺族様とともに作り上げていきたいと考えております。

◆充実のサポート

死亡後の各種手続きに関することは勿論、法事法要などご葬儀だけではなくその後のお手伝いも致します。
その他お悩み、ご相談がありましたら、いつでもお尋ねください。

相模原市の家族葬にかかる費用

家族葬では、会葬者様の人数により大きく費用も異なってきます。
納得の葬儀を執り行うためにも、多くの葬儀社よりお見積もりをとることをお勧めいたします。

基本の葬儀費用

多くの葬儀社が数々のプランを用意しており、霊柩車や棺など必要な部品やサービスにかかる費用などプランに含まれている場合が多い様です。

*プランに含まれるもの含まれないものの確認が必要となります。

式場使用料・ご安置施設使用料

多くは葬儀式場をご利用となります。
ご利用人数により費用は異なりますが、少人数の場合は費用を抑える事もできます。

葬儀を行う式場により安置設備が整っていることもあります。
安置できない場合は、安置施設を確保しなければなりませんので、事前の確認が必要となります。

火葬料金

火葬場を利用する際は、費用がかかります。公営・民営とがあり、公営の場合は比較的費用が抑えられます。
相模原市では相模原市営斎場となり、5,000円〜50,000円となります。
日程によりご利用できない場合もありますので、確認が必要です。

お食事や返礼品など

お食事
家族葬では会食など改まった場を設けないことも多い様ですが、決まりではありません。
人数、必要に応じての追加となるため、プランに含まれず別途費用がかかることが多い様です。

返礼品
参列された方に対し、お礼の気持ちを込めてお返しする品です。基本的には参列者全員にお渡しします。
ご自宅へ弔問に来られた方などへの対応(準備)も必要となります。

おくりびと会員について

おくりびとのお葬式をお得にご利用いただける会員制度をご用意しております。

◆ 入会金は1万円のみ

年会費やその他の費用負担なく、様々な特典をご利用いただけます。


◆ 早めの入会がお得

入会から年数が経つほど割引額が大きくなるため、早めの入会がお得です。
返金制度もございますので、安心してご入会いただけます。

おくりびとのお葬式 相模原中央店

住所:神奈川県相模原市中央区中央1−10−13
宗派:全宗教対応
対応人数:約30名まで
特徴:駐車場あり、控室あり、宿泊可、付添安置可、バリアフリー安置施設あり

*2020年12月5日OPEN  

まとめ

いかがでしたか。
今回は「家族葬」について詳しくご説明させていただきました。
おくりびとのお葬式ではもちろん、「家族葬プラン」をご用意しております。

質問だけでも結構です、是非一度お越しください。
安心してご葬儀を行っていただける様、お手伝いいたします。

時期や地域によってサービス内容が記事の内容と異なる場合がございます。詳細につきましては お電話(0120-288-725) またはお問い合わせよりご確認ください。