おくりびと®(認定納棺師)と共に創るこだわりの葬儀・お葬式は『おくりびと®のお葬式』にお任せください

新盆についてご紹介

コラム
2021.03.06

新盆 (にいぼん、しんぼん)とは、故人が亡くなってから初めてのお盆のこと言います。
「初盆」とも呼ばれることもあります。
故人様を初めて「ご先祖様」としてお迎えするお盆となるため、いつものお盆とはお供えものなどが違い、盛大に行う方もいらっしゃいます。

新盆の時期について

「お盆」はいつですか?
と聞かれた場合、8月13~16日までと思われる方が多いと思います。
実は、お盆は7月と8月の2回あり、「旧盆」と「新盆」の二通りの考え方があるためそれぞれ時期が異なります。

新盆を取り入れているのは関東の割合が多く、特に東京・神奈川では7月にお盆行事を行います。

準備する物

①精霊棚の準備
精霊棚(盆棚)とはお盆の時期にご先祖をお迎え供養するための祭壇です。
お盆の入りの前日~前々日、または当日に設置しお盆期間が終了するまで飾っておきます。
精霊棚(盆棚)は自宅のお仏壇の前に設置することが多いです。

② 迎え火(盆入り)
盆入りの夕方から、玄関や庭先で「迎え火」を焚き、盆提灯に火を灯します。
火を目印にし、ご先祖の霊が迷う事なく自宅に招き入れるためです。
近年の住宅事情では火を使うことが難しい場合は、電気ろうそくや電球がついた提灯を使うこともあります。

③ 法要とお参り(盆中)
14日・15日はご先祖と過ごす為、自宅にお坊さんをお呼びし、読経を行っていただきます。
※地域によって、お墓参りと法要を同時に行うことがあるため、その場合はお坊さんに墓前で読経をしてもらう場合もあります。

④ 送り火(盆明け)
迎え火と同様に、夕方より送り火を焚きます。
ご先祖は送り火に照らされてあの世へと帰っていくのです。
送り火では、京都の「五山送り火(大文字の送り火)」が大変有名で、その他の地域では「灯篭流し」や「精霊流し」などを行います。

相模原のご葬儀は「おくりびと」にご相談ください

お盆は大切な行事の一つです。
ご先祖様を大切にするためにもしっかりと準備することをお勧めいたします!
「おくりびと®️のお葬式-相模原中央店」では、新盆・旧盆共にお手伝いが可能です。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。