おくりびと®(認定納棺師)と共に創るこだわりの葬儀・お葬式は『おくりびと®のお葬式』にお任せください

相模原にお住まいの方必見!!すぐにできる終活について

コラム
2021.03.05

終活とは

終活とは、「もしもの時について考える活動」の略語になります。
具体的には、自分自身が亡くなった時のご葬儀やお墓、生前整理、医療・介護などについての要望をエンディングノートに記すなどのことを言います。
しかし、実際はなにをしたらいいのかわからないと言う方も多いのではないでしょうか?
今回は終活の流れや手順を解説していきます!

基本的な流れ

①エンディングノートを準備する!
エンディングノートは葬儀社、書店、ネットでの購入が可能です。
もちろん、「おくりびと®️のお葬式-相模原中央店」でもご用意しております!

②生前整理をする
大事な書類やパソコンや携帯電話のデータなどを整理します。
具体的に、権利書、銀行関係、保険証券や有料サービスをご利用の場合には解約手続きが必要になるので、何を利用しているのかなどもエンディングノートにまとめます。
パスワードがわからないと解約できないサービスやデジタル機器もあるので、ご家族がわかるようにしておくと良いでしょう。

③医療・介護について
認知症などにより判断力が低下した場合や、万が一に意識不明などの状態になってしまった時のために希望する介護施設や介護方針を決める方、延命治療・臓器提供の希望有無も決めておくと良いでしょう。
残されたご家族にとっては判断が難しい内容もあるため事前に話し合い、決めておくことをお勧めいたします。

④ご葬儀やお墓(埋葬先)について
もしもの場合に、どの様なご葬儀にしてほしいのか?すでに相談している葬儀社はあるのか?などをご家族と話しておくとスムーズに準備が可能です。ご葬儀の話となると実際には話しにくいこともあるでしょう。
しかし、もしもの時は突然やってきます。
慌てずに、後悔しないご葬儀を行うためにも事前に話し合っておくと良いでしょう。

納骨については、希望の納骨方法を決めておきましょう。
すでにお墓がある場合は所在地、連絡先、墓地の使用権者をまとめておくと良いでしょう。
散骨などを希望される場合には、多くの散骨業者があるため悩まれると思います。
「おくりびと®️のお葬式-相模原中央店」ではご葬儀はもちろん、納骨、散骨のお手伝いも可能ですので是非一度、お問い合わせください。

⑤エンディングノートを書く
決まった内容をエンディングノートに書いておきましょう。
※エンディングノートには法的な効力はありません。絶対的な効力をもって執行して欲しいことがある場合には遺言書を作成しましょう。
しかし、エンディングノートを残しておくことで、残されたご家族の各種手続きや手助けになることは間違いありませんので、事前の準備をお勧めします。
ご不明な点がある場合には、「おくりびと®️のお葬式-相模原中央店」でもアドバイスが可能です。
是非、ご相談ください。

⑥遺言書の作成
遺言書には次の3種類がございます。
・自筆証書遺言
・公正証書遺言
・秘密証書遺言

ご自身の財産などを希望ではなく効力を持って執行して欲しい場合、法定相続人以外にも残されたい場合は遺言書を準備しておくといいでしょう。
「おくりびと®️のお葬式-相模原中央店」では、遺言書についてもご相談が可能です。
士業の方のご紹介もできますので、お悩みの方は是非一度ご相談に起こしてください。

相模原での終活は「おくりびと」にご相談ください

「おくりびとのお葬式-相模原中央店」は、どんなに些細なことでも相談にのらせていただきます!
葬儀会館には行きにくい、縁起が悪い、、、。などと思われる方もいるかと思います。
しかし、近年は事前相談者は圧倒的に増えてきています!
もしもの時に慌てないためにも、是非一度「おくりびとのお葬式-相模原中央店」にお越しいただければ安心につながると思います。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
この記事でご紹介した点を意識していただくだけでも、不安が安心に変わるはずです。

昨今、コロナの影響もあり外出も難しくなっていますが、
お時間がある時に是非一度、「おくりびと®︎のお葬式」にご来館いただければと思います。

皆様の不安を少しでも安心に繋げるためにも是非、一度お越しください。