おくりびと®(認定納棺師)と共に創るこだわりの葬儀・お葬式は『おくりびと®のお葬式』にお任せください

香典は郵送できる?郵送の際の注意点や知っておくべきマナーをご紹介

2022.07.05

葬儀に参列する際、必ず持参する香典。香典には「故人様へのお供え」という意味があります。しかし、最近では葬儀形式の縮小化や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響から「密」になることを防ぐために参列を控えることも多くなってきました。そんなとき、香典を郵送することができるのをご存じでしょうか。直接葬儀に足を運ばない場合でも、香典を自宅や斎場に郵送することが可能です。

今回は、香典を郵送する際の注意点やマナーについてご紹介します。

お急ぎの方

24時間365日 いつでもお電話ください

私たち葬祭スタッフが承ります

  • 葬祭スタッフ上月

    上月

  • 葬祭スタッフ菊地

    菊地

  • 葬祭スタッフ加藤

    加藤

じっくりご検討の方

資料請求・お見積
  • 追加費用がよくわからない
  • 葬祭費の支給の手続きがわからない
  • 想定以上に参列者が増えたらどうするの?
  • ・・・などの疑問をすぐに解決します。

香典とは

香典とは、仏式などの葬儀で、霊前等に供える金品のことをいいます。「香」という字には「線香や花の代わりに供える」という意味があります。昔は一人一人がお香を持参し、故人様の供養のために焚いていました。お香の煙が、あの世への道しるべになるとされていたからです。
煙を絶やすことなく焚き続ける必要があり、たくさんのお香を用意しなくてはならない家族の負担を軽減するために、故人様の友人や知人がお香を持ち寄っていました。これが現在では、金銭を手向ける形となりました。

葬儀に参列する際は、お金を不祝儀袋に入れ、黒や紫色の袱紗に包んで持って行きます。

香典は郵送してよいのか

香典の郵送は可能です。仕事の都合や、感染症の流行など、さまざまな事情から先方に伺えないこともあるでしょう。その際に香典を郵送するのも一つの方法です。その際はお悔やみの気持ちを込めて香典を郵送しましょう。

郵送する際に気を付けるべき点

香典を郵送する際に気を付けるべき点は4つです。

現金書留用の封筒に入れる

金銭の郵送になりますので、必ず現金書留用封筒を使用します。その際、現金は不祝儀袋に包み、表書きなどを省略せずにしっかり書きましょう。現金書留用の封筒に氏名、住所を書きますが、そうであっても不祝儀袋の記入を省略するのは好ましくありません。しっかり両方に記入をします。

早めに送る

葬儀に参列できないことが分かったら、早めに香典を送るようにしましょう。もし、葬儀の日までに間に合わない場合は、葬儀後2~3日、遅くても1週間以内に届くように送ります。
現金書留郵便は日付指定で郵送することが可能です。葬儀の日を指定して送れば、遅れるリスクを軽減できます。

送り先の確認

香典は、自宅または葬儀社や斎場に送ります。葬儀の日に届けたい場合は葬儀社、斎場宛てに送るのがいいでしょう。ただし、場合によっては対応していないこともあるので、必ず電話で確認を取ってから送りましょう。斎場に送るときは、宛名を「喪主名」または「気付」にします。気付とは、送り先が家ではないという意味です。そうすることで、斎場のスタッフが受け取ることができるようになります。その際に、どの家に宛てたものなのかの明記を忘れないようにしましょう。

手紙を添える

香典を郵送する場合は、お悔やみの言葉と共に、葬儀に参列できないお詫びを手紙に添えます。必ず必要というわけではありませんが、手紙を添えた方がより丁寧な対応です。

お悔やみの手紙は、一般的な手紙とは異なるマナーになります。以下のことに気を付けて書くと良いでしょう。

・白い縦書き便箋を使用する
・一重の封筒に入れる
・薄墨で書く
・時候は不要
・忌み言葉は使わない

香典に関するマナー

香典に関するマナーを3つ紹介します。

金額

香典は故人様との関係性や付き合いによって金額が変わります。それに合わせて、不祝儀袋も選ぶ必要があります。5,000円程度の場合は水引が印刷されたもの、1万円以上の場合は水引が帯紐で結ばれているものを選びましょう。百合の花や十字架が印字されたものはキリスト教、無地の袋に白黒または双銀の水引がかかっているものは神式です。宗派によっても違いますので、注意が必要です。

香典の金額相場

関係 金額
親族 1万円~
友人・知人 5,000円~
会社関係 3.000~5.000円
近所 3,000~5,000円

お札の入れ方

香典のお金の入れ方は、中袋の表にお札の裏がくるように入れます。また、結婚式などでは新札を使用しますが、葬儀の場面では新札の使用はNGです。新札を入れるのは「あらかじめ用意していた」という意味があるので、葬儀の場面では新札ではないお札を使用します。ただし、ボロボロのお札は失礼にあたるので、ある程度きれいなものを使用しましょう。

薄墨を使用する

表書きに名前などを書く際は、毛筆(筆ペン)で薄墨を使用します。これは「悲しみから涙で文字がにじんだ」という意味があり、葬儀の場面では薄墨を使用するのがマナーです。

まとめ

今回は香典を郵送する際のマナーについてご紹介しました。

近年の葬儀の縮小化や感染症の影響による参列の制限などにより、実際に葬儀に足を運ぶ機会が少なくなったかと思います。他にも遠方であったり、体調が優れないといった理由で、参列することが難しい方もいるでしょう。そのようなときは、香典を郵送することで、少しでもお悔やみの気持ちを伝えることができます。
今回紹介したものはあくまでルールです。絶対にこの通りにしなければいけない訳ではありません。
しかし、実際に香典を郵送する際には、相手に失礼のないよう郵送時のマナーや注意点に気を付けるとをお勧めします。
この記事を参考にしていただければ幸いです。