おくりびと®(認定納棺師)と共に創るこだわりの葬儀・お葬式は『おくりびと®のお葬式』にお任せください

家族葬で供花を贈ってもいい?供花の選び方やおくる際の注意点を紹介

2022.11.21

お葬式において、ご親族や友人・知人などにいただいた花を「供花」といいます。

供花には故人様のご冥福を祈る意味が込められており、家族や親族、友人や会社関係の人が故人様のために贈るものです。
供花は生花からできており、白を基調にさまざまな色味で作られます。

故人様が生前好きだった色や、家族の希望の色を取り入れることも可能です。
最後に花を切り取り、家族や親族、ご会葬者様の手によって、棺の中に納められます。

近年、増加傾向にある家族葬では、香典や参列を辞退するケースが数多くあります。
これは家族の負担を少しでも減らすためであり、供花も同様に辞退する場合もあります。

そのため、家族葬のお葬式に供花を贈ってもいいのか、悩む人も多いでしょう。
家族の意向が第一のため、供花辞退の場合は贈らないのがマナーです。

しかし、家族葬だからといって供花辞退をするのが絶対ではないため、一般葬同様に受け付けているケースもあります。

今回は、家族葬で供花を贈る際のマナーや注意点について紹介します。

お急ぎの方

24時間365日 いつでもお電話ください

私たち葬祭スタッフが承ります

  • 葬祭スタッフ上月

    上月

  • 葬祭スタッフ菊地

    菊地

  • 葬祭スタッフ加藤

    加藤

じっくりご検討の方

資料請求・お見積
  • 追加費用がよくわからない
  • 葬祭費の支給の手続きがわからない
  • 想定以上に参列者が増えたらどうするの?
  • などの疑問をすぐに解決します。

供花とは

通夜や告別式などで故人様に供える花を「供花」といいます。読み方は「きょうか」または「くげ」です。

諸説ありますが、供花には故人様への最後の贈り物という意味があります。

供花と同様の「花輪」は、造花でできており、大きな輪になっているのが特徴です。主に斎場の出入口に飾られ、企業や団体から送られることがほとんどです。

供花には、送った人の名前や会社名が書かれた札を立てます。参列できないときに、香典の代わりに供花を送ることも可能です。

左右交互に置くため、二基で一対になりますが、必ずしも一対になるようにする必要はありません。1人、または1組で一基の供花を贈るのが一般的です。

家族葬で供花を贈ってもいいのか

家族葬とは、家族が葬儀の負担を減らすために選ぶ葬儀形式の1つです。

参列のお断りや、香典を辞退にしているケースが多くあります。
同様に、供花を辞退している場合もあるので、家族葬の葬儀に供花を贈る際は、必ず家族に確認を取りましょう。

供花の選び方

花束

供花の選び方は、白を基本にしましょう。

その他に、故人様の好きだった色や、家族の希望する色を取り入れたりします。全体的に落ち着いた色味で整えることで、他の供花とのバランスが取れます。

鮮やかすぎる色味は葬儀においてNGです。家族からの希望がない限り、取り入れるのは控えましょう。

供花を贈る際の注意点

供花を贈る際の注意点は5つです。

個人的に手配する場合

供花は、花の統一感や斎場の広さ、宗派など、さまざまな観点からまとめて同じものを手配することがほとんどです。

花の種類も、菊花か洋花かでアレンジが変わります。
家族の希望もあるので、個人的に供花を手配してもよいか確認をしましょう。
基本的には個人で手配はせず、家族や葬儀社に供花を贈りたい旨を伝えるのが一般的です。
その際、高額な花を贈るのは家族の負担になってしまうため控えたほうが良いでしょう。

札の名前は「〇〇一同」

複数人で出す場合、札の名前は基本的に「一同」で明記します。

親族、兄弟、孫、友人など、それぞれ一同でまとめるのが一般的です。
会社の場合、社名と代表取締役名、または社員一同と明記します。
夫婦や、人数が2~3人など少人数の場合は連名でも構いませんが、明記する人数が多いと名前が札に入りきらず、小さい文字になってしまうので気を付けましょう。

また、連名で贈る場合、複数人で手配しないように気を付けましょう。必ず代表者を決め、その人が手配の連絡を取るようにします。

支払方法

供花の支払いは、葬儀社に当日直接支払うか、後日支払うのかのどちらかになります。手配する際に必ず確認をしておきましょう。

通夜開始までに届ける

供花を贈る際、必ず通夜開始前までに届くようにしましょう。

通夜の1~2時間前には、祭壇と供花の飾り付けが全て終了した状態になります。それまでに届くようにします。

供花辞退しているときは贈らない

一番大事なのは、家族の意向です。

家族葬で葬儀を行うのにはさまざまな理由があります。
供花辞退をしている中で贈ることは、家族の負担につながります。供花辞退の場合には、供花を贈るのは控えましょう。

どうしても贈りたい場合、葬儀終了後に自宅に花を贈る方法もあります。四十九日まで花を飾ることができます。その際も、家族に一言伝えてから送りましょう。

まとめ

家族葬で供花を贈る場合、家族の意向が一番大切です。

故人様のために何か贈りたい気持ちがあっても、それが家族の負担にならないように気を付けなければなりません。家族葬で葬儀が行われる場合、必ず供花を贈っても良いか家族に確認をしましょう。
また、贈る際は基本的には個人的に手配はせず、家族や葬儀社にお願いをしましょう。

最近では、供花の手配は葬儀を担当する葬儀社へ依頼することがほとんどです。家族が供花の種類や花の色味を決め、札の名前を申込用紙に記入して手配します。同じ生花で統一感を出し、斎場の大きさに合わせて供花の種類も決められるので、個人的に手配するのは控えましょう。

時期や地域によってサービス内容が記事の内容と異なる場合がございます。詳細につきましては お電話(0120-288-725) またはお問い合わせよりご確認ください。