おくりびと®(認定納棺師)と共に創るこだわりの葬儀・お葬式は『おくりびと®のお葬式』にお任せください

東京での葬儀 火葬式の費用の相場や流れについて

2022.09.30

近年「シンプル、コンパクト」と言った言葉をよく聞かれる様になりました。葬儀にもシンプル、コンパクトなスタイルが多くなってきているとも言えるでしょう。
密を避けるといった、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあるかもしれませんね。

今回は最もシンプルな葬儀「火葬式」についてご説明していきたいと思います。

お急ぎの方

24時間365日 いつでもお電話ください

私たち葬祭スタッフが承ります

  • 葬祭スタッフ上月

    上月

  • 葬祭スタッフ菊地

    菊地

  • 葬祭スタッフ加藤

    加藤

じっくりご検討の方

資料請求・お見積
  • 追加費用がよくわからない
  • 葬祭費の支給の手続きがわからない
  • 想定以上に参列者が増えたらどうするの?
  • などの疑問をすぐに解決します。

火葬式とは?

火葬式は色々な葬儀の形がある中で、最もシンプルな葬儀となります。

火葬式とは・・・お通夜、葬儀・告別式を行わず、火葬場にて短時間のお別れと火葬、収骨を行うこと。

*安置場所より火葬場へ移動し火葬、お別れとなります。

火葬式で行うメリットとデメリット

*施設での生活が長く、近隣住人とのお付き合いもほとんどない。
*親族も少なく喪主も高齢で身体的にも負担を軽くしたい。

いろいろな事情があるかと思います。
ここからは、火葬式のメリット・デメリットをお伝えしていきます。

故人様、ご家族様の納得のいく葬儀を行うためにも、確認しておきたい要素となります。

火葬式のメリット

最もシンプルな葬儀です。
お通夜や葬儀・告別式がない為、その分の負担がかからないと言えるでしょう。

♦︎費用負担を抑えることができる。
♦︎参列者への対応が不要となる。
♦︎所要時間が短い(1日)。
♦︎精神的・身体的負担が軽減される。

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、三密を避けるなど、火葬場への参列を遠慮していただく場合もございます。
火葬式が近年多く執り行われる様になった理由の一つでもあります。

火葬式のデメリット

デメリットもしっかりと確認していきましょう。
♢お別れの時間が短い・・・・・・故人様とのお別れをゆっくりとしたい方には寂しい気持ちになる事も。
♢親族の理解を得られない・・・・しきたりを重んじる親族や近隣の方はお通夜や告別式を行わないことに違和感を持つ方もいらっしゃいます。
♢菩提寺より納骨を断られる・・・菩提寺によっては認めないことも多く、事前に確認が必要です。
♢火葬場のアクセスが悪い・・・・火葬式は火葬場で行います。アクセスの良い立地とは限りません。
♢後日、弔問客が訪ねてくる事もある・・・お別れができなかった方が後日いらっしゃる事もあり、対応準備が必要です。

火葬式、直葬とは違うの?

「火葬式」と「直葬」何が違うのでしょうか。

火葬式も直葬も同じものと考えていただいて大丈夫です。
直葬とは、火葬以外の法要を行わず火葬のみを行う葬儀です。

*火葬以外の法要・・・僧侶を招き、故人様が供養できる様、参列者とともに祈ること。通夜、葬儀・告別式がそれにあたります。
*火葬式は別名「直葬」とも言われております。

火葬式の流れ 【おくりびとのお葬式】

最もシンプルなお葬式である「火葬式」。

では、おくりびとのお葬式で火葬式を行った場合の流れをご紹介していきます。

●本当に火葬式で大丈夫?
●シンプルだけど、後悔しない?

流れを確認することにより、少しでも不安を軽減し安心してご葬儀を行っていただきたいと思います。

おくりびとのお葬式での「火葬式」は以下の様な流れとなります。

1.お迎え▷2.ご安置・初期処置▷3.お打ち合わせ▷4.納棺▷5.お化粧直し▷6.出棺・火葬

一つひとつご説明していきましょう。

1.お迎え

故人様のもとへスタッフがお迎えにあがります。1時間〜1時間半程度で向かいますので安心してお待ちください。
♦︎道路状況により前後することがございます。

逝去された場所について
病院・施設の場合・・・・基本的に霊安室に移されます。

ご自宅の場合・・・かかりつけ医に連絡をしてください。かかりつけ医がいない場合は、救急車を呼び病院に搬送してもらいます。

2.ご安置・初期処置

故人様をご希望のお帰り先までご搬送いたし、故人様の状態を安定的に保つために初期処置を行います。

故人様がお亡くなりになられてから火葬場へ移動するまでの間、故人様のお帰り先を考えておく必要があります。
*法律上、お亡くなりになられてから24時間以内は原則として火葬することはできません

ご安置について
ご自宅での安置や安置施設などとなります。
*ご自宅の場合・・・畳1畳のスペースがあれば自宅での安置は可能です。エレベーターの有無の確認や近隣住人への配慮が必要となります。
*安置施設の場合・・ご自宅での安置が難しい場合は安置施設を利用することとなります。施設によっては深夜の受け入れができないこともありますので確認しておくと良いでしょう。(夏季は冷房の有無確認が必要です)

※病院の霊安室・・・
病院では、亡くなった方を「霊安室」へ運びます。
「霊安室」・・・ご遺体を「安置室」へ運ぶまでの間、一時的にご利用できる場所。2〜3時間ほどのご利用となることが多いです。


初期処置について
故人様をご希望のお帰り先までご搬送いたした後、故人様の状態を安定的に保つために初期処置を行います。

故人様の状態を安定的に保つための初期処置
お亡くなり後、最も重要な初期段階で納棺士がご遺体を適切にケアいたします。これにより、いつまでも故人様に触れることができ、ご生前の様なお姿でお会いすることができるのです。

3.お打ち合わせ

ご遺体安置後お打ち合わせをいたします。
会場(火葬場)、予算(お見積もり)など、細部を決めていくこととなります。

ご要望やご相談など、担当者にしっかりとお伝えください。

〜特にお見積もりの内容の確認はしっかりと〜
火葬式は費用を抑えられるといったメリットが挙げられます。
予想以上にかかってしまった、などのトラブルが起こらない様、後悔しない葬儀を行うためにも納得がいくまで打ち合わせを行うことをお勧めします。

4.納棺

お見送りをするにあたり、故人様の身なりを整えてお棺に納めることを納棺といいます。

おくりびとのお葬式では、「納棺の儀」がございます。
「納棺の儀」では、納棺士が故人様とご遺族様と同じ空間の中で、湯灌・死化粧・死装束への着せ替えを施し、棺へと納めます。 納棺の儀は我々が葬儀の中で最も大切にしている時間です。

*「納棺の儀」はオプションとなります。

5.お化粧直し

故人様を火葬場へお運びする前に、ご遺体状況に応じてお化粧直しを行います。
我々は、最後のお別れの瞬間まで綺麗なお姿を保っていただきたいと考えております。

おくりびとのお葬式のご遺体のケア
ご遺体には、特有の症状が現れます。専門知識を兼ね備えた納棺士が初期処置を行い、ご遺体の状態を安定的に保ちます。
ご遺体の変化がご遺族様に与える心理的なショックを和らげ、大切な人を見送ることに専念していただけます。

6.出棺・火葬

故人様を火葬場へお運びし、火葬となります。

火葬炉の前にてお花などを手向け、最後のお別れとなります。
火葬から納骨までの時間は1〜2時間ほどかかることが多い様です。

火葬後はお骨を骨壺に納め終了となります。

収骨後は、四十九日法要までご自宅にご安置となります。

おくりびとのお葬式の特徴

◆担当スタッフ全員が納棺士
納棺士がお見積から火葬まで担当しているため、最後までご生前と変わらぬお姿の故人様にお会いすることができます。

◆充実のサポート力
死亡後の各種手続きに関することは勿論、法事法要、相続に関することなどご葬儀だけではなくその後のお手伝いも致します。
その他お悩み、ご相談がありましたら、いつでもお尋ねください。

◆みんなが「おくりびとになる」
納棺の儀をはじめとして、故人様に想いを馳せ、ご遺族様一人ひとりが心から大切な方を見送ることができる場を創出いたします。

火葬式にかかる費用

流れをご紹介させていただきました。
火葬式は最もシンプルな葬儀である事がお分かりになられたかと思います。

シンプルであっても必要な費用はかかります。
ここからはかかる費用として代表的なものをご紹介していきます。

基本の葬儀にかかる費用

基本の葬儀にかかる費用として代表的なものは「火葬費用」「寝台車」「霊柩車」「棺」「骨壺」などがあげられます。

「火葬費用」
火葬場を利用する際、費用がかかります。公営・民営とがあり、公営の場合は比較的費用が抑えられます。
公営の火葬場は費用が抑えられる反面、日程が合わないこともあります。
アクセスの面でも事前に把握しておくと良いでしょう。

*火葬中の控室など別途費用がかかる事もあります。     


「寝台車」「霊柩車」「棺」「骨壺」など
葬儀社により様々なプランをご用意しています。オプションなども様々、より多くの見積もりを取ることをお勧めします。
故人様、ご家族様の納得のいく葬儀のかたちを見つけてください。

返礼品手配など

葬儀に参列された方にお礼の気持ちとしてお渡しする品となります。火葬式の場合、後日ご自宅へ弔問に来られる方もいらっしゃいます。
ご自宅でストックするなど準備(対応)が必要となります。

その他

火葬式でも僧侶をお呼びし、読経をお願いすることもできます。
その場合は、「お布施」「お車代」「御膳料」などがかかります。

※お布施・・・・・仏教式で葬儀を執り行い、僧侶に読経をお願いする際に寺院に納めるもの
         (仏教式で行わない場合は、お布施は不要となります。)

※お車代・・・・・僧侶に足を運んで頂いたことへの気持ち

※御膳料・・・・・お膳に代わって渡す費用

おくりびと会員について

おくりびとのお葬式ではお得にご利用いただける会員制度をご用意しており、事前入会でお得にご利用いただけます。

おくりびとメンバーズには3つの特徴があります。


◆年会費無料、月々積立費不要
入会金1万円のみで様々な特典を受けられます。

◆早めの入会がお得
入会から年数が経つほど割引額が大きくなるため、早めの入会がお得です。
返金制度もございますので、安心してご入会いただけます。

◆返金制度あり
 条件を満たした場合に限り、返金制度をご利用いただけます。

おくりびとのお葬式【稲城駅前サロン】

住所:東京都稲城市百村1613−4−101
宗派:全宗教対応
特徴:駅近

*京王線稲城駅南口前(駅からも確認できます)

おくりびとのお葬式【相模原中央店】

住所:神奈川県相模原市中央区中央1−10−13
宗派:全宗教対応
対応人数:約30名まで
特徴:駐車場あり、控室あり、宿泊可、付添安置可、バリアフリー安置施設あり

*2020年12月5日OPEN  

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は最もシンプルな葬儀「火葬式」をご紹介しました。
最後のお別れである「お葬式」。
故人様、ご家族様が良いと思うお葬式を見つけていたれば、と我々は考えます。

ご相談だけでも構いません。ぜひお立ち寄りください。

時期や地域によってサービス内容が記事の内容と異なる場合がございます。詳細につきましては お電話(0120-288-725) またはお問い合わせよりご確認ください。