おくりびと®(認定納棺師)と共に創るこだわりの葬儀・お葬式は『おくりびと®のお葬式』にお任せください

密葬と家族葬の違いは?それぞれの特徴やメリットを紹介

2022.07.04

さまざまな葬儀形式がある中で、密葬と家族葬の違いはご存じでしょうか。
どちらも葬儀は家族などの近親者のみで行われます。大きな違いは、葬儀後に本葬を行うかどうかになります。
本葬とは、後日参列者を呼んで行う葬儀のことです。
お別れ会や社葬といった形式で執り行われることがほとんどです。

今回は密葬と家族葬の違いについてお話ししていきたいと思います。
それぞれの特徴やメリットも詳しく解説していきますので、どちらの葬儀形式で行うか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

お急ぎの方

24時間365日 いつでもお電話ください

私たち葬祭スタッフが承ります

  • 葬祭スタッフ上月

    上月

  • 葬祭スタッフ菊地

    菊地

  • 葬祭スタッフ加藤

    加藤

じっくりご検討の方

資料請求・お見積
  • 追加費用がよくわからない
  • 葬祭費の支給の手続きがわからない
  • 想定以上に参列者が増えたらどうするの?
  • などの疑問をすぐに解決します。

密葬とは

密葬とは、古くからある葬儀形式で、家族や親族のごく一部の人のみで行われる葬儀です。
「ひそかに遺体を荼毘に付す」や「うちうちで行う葬儀」という意味があります。
密葬の一番の特徴は、葬儀を行った後、本葬またはお別れ会が行われることです。故人様が会社の会長や社長といった社会的地位のある人、芸能関係などの人が、密葬での葬儀を選ぶことが多くあります。後日、改めて社葬やお別れ会といった本葬が執り行われます。

家族葬とは

家族葬とは、家族や親族など近親者のみに限定して行われる葬儀です。
これまで、通夜と告別式において一般参列が当たり前でした。しかし、近年の核家族化や少子高齢化に伴い、一般参列を無くし、ごく一部の限られた人だけで行う葬儀が生まれました。家族の葬儀負担の軽減を目的とした新しい葬儀形式です。
参列者を限定的にすることで、対応や費用面での負担軽減につながるのが最大のメリットです。

密葬と家族葬の違い

密葬と家族葬の大きな違いは「本葬の有無」です。

密葬の特徴

・葬儀は家族や親族などの近親者のみで行う
後日、社葬やお別れ会といった本葬が行われる
・故人様は社会的地位のある方の場合が多い
・参列者が多く、大規模葬儀が予想される

密葬の場合、故人様の地位などから多くの参列者が予想されるため、先に家族だけでゆっくりお見送りをするのが一番の目的です。
大規模な葬儀になるため、家族は準備や対応に追われます。そのため、故人様とゆっくりお別れの時間を過ごすことが難しくなってしまうため、荼毘に付してから本葬が行われます。

家族葬の特徴

・葬儀は家族や親族など近親者のみで行う
・一般参列は基本的になし
・参列者以外には電話やはがきなどの報告のみ
後日のお別れ会などの本葬はなし

どちらも葬儀自体は家族や親族などごく一部の人で執り行われますが、家族葬には本葬がありません。
家族葬は一般参列の希望があっても、後日改めて執り行うことはしません。家族だけで過ごすことを第一にした葬儀形式です。

密葬と家族葬どっちを選ぶべき?

故人様の交友関係、社会的地位の関係上、大人数の参列者が予想される場合に密葬が選ばれることが多い様です。
大規模な葬儀の場合、家族が準備に時間を要するため、密葬してから本葬を行うことで故人様との最後の時間をゆっくり過ごすことが可能になるのです。
しかし、お葬式を2回行うため、体力面、費用面で家族の負担は非常に大きいものになることが予想されます。また、密葬前に早々に訃報を知らせてしまうと、弔問の対応に追われることになるため、密葬後に本葬の知らせと共に訃報を伝えることがほとんどです。

家族葬では、家族の負担軽減が一番のメリットです。
近年の少子高齢化に伴い、故人様の子どもや身内の葬儀負担は増加傾向にあります。費用面や体力面などから、大規模な葬儀を行うことが難しい場合、家族葬で執り行い、後日はがきなどで訃報を知らせるに留める方も多くいます。
生前から、自身の葬儀を小規模に行うことを希望する人も増えてきていますので、そういった意向がある場合は本葬を行う必要はないでしょう。

他にも、年末年始など日程の都合や死因の関係上など、さまざまな理由から家族葬や密葬を選ぶ方がいます。どちらが良いということはありませんので、家族の希望に合った形での葬儀を選びましょう。

まとめ

密葬と家族葬の違いは、本葬があるかないかです。
どちらも葬儀は家族などの近親者のみで行いますが、密葬では後日本葬が執り行われます。これは故人様の社会的地位が大きく関係しており、大規模な葬儀が予想される場合に用いられる形式です。それに比べ、家族葬は家族以外の人には訃報のみで済ませます。葬儀終了後に報告するケースも多くあり、後日お別れ会などを行うことはありません。

どちらを選べばいいのか悩む場合、家族の負担を第一に考えましょう。
故人様との最後の時間はどちらもゆっくり過ごすことが可能です。その後、たくさんの方に故人様とのお別れの場を作るかどうかになります。その場合、体力や費用の面で家族の負担も非常に大きくなりますので、家族で話し合って決めることが重要です。

「おくりびとのお葬式」では、密葬や家族葬などさまざまな葬儀形式に対応しております。
どのような葬儀形式で行うかお悩みでしたら、知識と経験豊富なスタッフがサポートいたしますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

時期や地域によってサービス内容が記事の内容と異なる場合がございます。詳細につきましては お電話(0120-288-725) またはお問い合わせよりご確認ください。