おくりびと®(認定納棺師)と共に創るこだわりの葬儀・お葬式は『おくりびと®のお葬式』にお任せください

一日葬のお布施の平均相場を紹介。費用を抑えるコツって?

2022.07.14

一日葬は、通常の葬式で行われる通夜式を省略し、葬送に必要な儀式を1日で済ませる形式の葬式です。一日葬は日程が短い分、葬儀の規模や費用も小さく安くなる傾向にありますが、僧侶への「お布施」についてはどうなるのか、わからない方も多いでしょう。

そこで今回は、「一日葬のお布施」について、平均的な相場感やお布施の費用を抑えるコツを解説していきます。そもそもお布施とはどういうものなのか、お布施に関するマナーなど基本的なところから解説しますので、お布施について何も知らないという方もぜひご参考にしてみてください。

お急ぎの方

24時間365日 いつでもお電話ください

私たち葬祭スタッフが承ります

  • 葬祭スタッフ上月

    上月

  • 葬祭スタッフ菊地

    菊地

  • 葬祭スタッフ加藤

    加藤

じっくりご検討の方

資料請求・お見積
  • 追加費用がよくわからない
  • 葬祭費の支給の手続きがわからない
  • 想定以上に参列者が増えたらどうするの?
  • などの疑問をすぐに解決します。

お布施とは

葬式における「お布施」とは、葬儀をあげていただいた僧侶にお礼として渡すお金のことです。

お布施は、喪主から僧侶へお渡しするものではありますが、これは実質的には僧侶個人への報酬ではありません。仮に報酬として考えるとすれば、「読経料」や「戒名料」などといった定義になりますが、お布施はあくまで本尊へ供えられ、お寺のために活用されますので、そういった定義もありません。

仏教では元々、他人に無償で施しを与えることを「布施」と呼び、菩薩(悟りを開く前の修行中の人)に必要な修行として実践する6つの項目(六波羅蜜)のうちの1つでした。それが檀家制度を背景に意味合いが変化し、現代の日本では「仏僧に対し、葬式や法要等の仏事を営んでもらった謝礼として支払う金銭」を意味する言葉として使われるようになったのです。現在では金銭を支払いますが、昔の日本では家にある骨董や反物といった価値のあるものをお布施として渡していたそうです。

一日葬でのお布施の平均相場

以上のようにお布施=金銭というのが現代日本の慣習となっていますが、お布施の金額は決まっているのでしょうか。

結論から申し上げますと、お布施に明確に決まった金額というものはありませんし、通常は葬儀社の支払いとは別に行うため、明確に請求されることもありません。しかしながら、僧侶にお布施を支払うのはマナーでもありますし、儀式を営んでもらって支払わないわけにもいきません。

明確に決まった金額というものはありませんが、葬式の際のお布施の平均的な相場というものはある程度は決まっています。葬儀の内容によってお布施の相場は異なりますが、通常の葬式の場合は「20万円~50万円」が平均相場なのに対し、一日葬の場合は「15万円~20万円」となっていて、平均相場としては通常の葬式よりも安くなるのが一般的です。

お布施の費用を抑えるコツは?

一般的な相場が高すぎる場合には、お布施の費用をなるべく抑えたいもの。お布施の金額は決まっていませんから、抑えるのも自由ではありますが、かといって安くしすぎるとお寺や僧侶との関係が悪化するリスクもあり、なかなか難しいという向きもあるでしょう。関係を悪化させずにお布施の費用を抑えるコツには、以下のようなものがあります。

◆お布施の費用について素直に相談する

檀家さんなどで普段菩提寺にお世話になっている場合、事前に相談してお布施の額を抑えてもらう方法があります。普段から付き合いのある菩提寺であれば、事前に相談すれば応じてくれる可能性がありますが、必ずしも応じてもらえるとは限りません。とはいえ、何も相談せずに気まずい思いをするよりは絶対に良いので、どうしてもという場合の最終手段として検討しておきましょう。

◆お布施の負担が少ないお寺を紹介してもらう

もし、葬儀社が提携しているお寺や菩提寺でのお布施の額が高すぎる場合には、葬儀社に相談するのもありでしょう。葬儀社と相談すれば、葬儀社と付き合いのあるお寺の中でお布施の負担額が少ないお寺を紹介してもらい、そこから僧侶を派遣してもらうなどの方法がとれるかもしれません。

◆依頼金額がはっきりしている僧侶派遣サービス等を利用する

お布施の金額がはっきり決まっていないということ自体に忌避感やストレスを感じる方もいらっしゃるでしょう。そうした方にお勧めなのが、僧侶派遣サービスです。

僧侶派遣サービスは文字通りお坊さんを手配して派遣してくれるサービスのことで、葬儀社が運営していたり、派遣会社がサービスを提供していたりします。こうした派遣サービスを通せば、最初から依頼料金がはっきり決まっているので、自分の感覚でお布施を支払うことによる気まずい思いをせずに済みます。

そして、会社をリサーチして選べば、相場よりも安い金額で依頼できる可能性もあるでしょう。

一日葬でのお布施のマナー

通常の葬式はもちろん、簡素な葬式である一日葬の場合でも、お布施の包み方・渡し方にはマナーがあり、そうしたマナーを守らないとトラブルになる可能性があります。お布施についてのマナーには以下のようなものがあります。

● 渡すタイミングは葬儀告別式後がベスト
● 葬儀の香典では新札を避けるが、お布施はお礼の気持ちなのでなるべく新札を使用する
● お布施を入れる封筒は「お布施」と印刷された封筒か白い無地の封筒が無難
● 表書きは施主の氏名を書くなど地域によりルールが違うので事前に確認する
● 封筒に入れたお布施を香典袋に入れて渡す
● 手渡しではなく袱紗で包んで渡す、あるいはお盆などに載せて渡す

こうして一覧にすると細かい決まり事が色々あるようにも感じますが、何よりも大切なのはマナーよりも感謝の気持ちです。それさえ意識できていれば、多少のマナー違反があったとしても目をつぶってもらえるでしょう。
表書きの書き方などの詳細については以下の記事も参照ください

まとめ

以上、一日葬の場合のお布施のマナーについて全般的に解説しました。

お布施は金額が決まっていない分「お気持ち」が大事となりますが、安すぎても高すぎてもよくありません。平均相場は意識したうえで、自分に無理のない額を包む心づもりを持ちつつ、不安があれば最初から僧侶派遣サービスの検討や、お寺や葬儀社に相談するなど、コミュニケーションを上手に行うことが大切です。

細かなルールやマナー、費用相場の一覧などが記載された別記事へのリンクを記事内に貼っております。
必要があればそうした記事も是非ご参照ください。